スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ABCDE



自分はCが地球を作ったように、
CがX線から作ってくれた。
Cは自分のオヤジだ。
DとAは同一人物。
自分が作った自分がもう一人東京にいる。
分身みたいなもの。
精子から作られたのではない。
オヤジが作った。
僕の名前がDで、
そいつはEという。
僕には二つ名前がある。
Cが本名だ。
Aという名前はは飾りにつけた。
この地球が嫌になったから火星に行く。
家族は皆東京にいる。
以前面会に来てくれた人(母親)は
自分とは関係のない人である。

東京にいる作りものは実を言うと
流産によって生まれた。
尻から出てきた人。
チェーンで結び付いている。
その先にステッキがあって、
それがスピーなんです。
Cなんです。僕の飾りに作ったんです。
東京にいる自分が本当の自分なんです。
僕のカンニングなんです。
気体でできていて、僕のフタナなんです。
僕の身体はボール紙でできている。
東京には娘が三人いる。
Cが作った。Cは僕の影。
Cはビリョウなので空間から出たり入ったりできる。
ユリイカ「狂気と妄想」より

矢吹 和彦 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://kikyu.jugem.jp/trackback/403
Trackbacks
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
RECOMMEND
ワと鳴り
ワと鳴り (JUGEMレビュー »)
サヨコオトナラ